お酒/食品ラベルの印刷


ラベルには、紙(裏面に糊のないもの)のラベルとシールのラベルがあります。紙に印刷するラベルは、自分で糊付けをして貼るような形が主です。自分で糊付けして貼るという手間がかかりますが、シールに比べて、和紙素材の種類が多く高級感のあるものが多く、選べる紙の種類が多いのが特徴です。 

シールタイプのラベルは、自分で糊付けする必要のない便利なものです。シールの形状は、いろいろな形に合わせて作ることが出来るので、紙ラベルより形状の自由度が高いです。シールの形状は何枚かずつに分けて裁断したシートタイプのものと、ロール状にまとめて巻いたロールタイプのものがあります。

お酒/食品ラベル

▼お酒/食品ラベルの実例紹介はこちら

▼お酒/食品ラベルのお見積もりはこちら


表(胴)ラベル

一般的に正面に貼るラベルです。商品の顔となる一番目立つ部分なので、オリジナリティが重要となります。お酒のラベルには和紙風の大礼紙がよく使われますが、ほかにコート紙、マット紙、金や銀といった紙も使用します。食品ラベルや化粧品のラベルなどは、水に濡れる可能性や冷蔵庫に入れることもあるので、ユポ(フィルム)シールのほうが適しています。

お酒のラベルでは、一升瓶(1800ml)は紙素材、4号瓶以下(720ml、300ml、180ml etc)にはシール素材を 使うことが多いです。

表(胴)ラベル

ラベル使用例

ラベル使用例1
ラベル使用例2
ラベル使用例3

▼お酒/食品ラベルの実例紹介はこちら

▼お酒/食品ラベルのお見積もりはこちら


裏(成分)ラベル

表ラベルのデザインを多くの文字で損ないたくない場合、商品の必要表示事項を瓶の後ろ側や裏側に貼ります。バーコード、QRコードなどの情報を入れることも可能です。※表ラベルに必要事項が記載されている場合、裏ラベルは必要ありません。

お酒の表示方法については、国税局取り決めのルールがあります。詳しくはこのページ下、または国税局ホームページをごらんください。

裏(成分)ラベル

ラベル使用例

ラベル使用例1
ラベル使用例2
ラベル使用例3

▼お酒/食品ラベルの実例紹介はこちら

▼お酒/食品ラベルのお見積もりはこちら


肩ラベル・封印ラベル・首掛けラベル

肩ラベルは瓶の上部分の細い場所に貼ります。たとえば、「限定品」「無濾過」「○○(ブランド名)」等、商品の特徴や自社ブランド名を簡単なアピールとして胴ラベルの上に貼ることで、商品全体が引き締まる役割をします。

 

封印シールは商品のふたにかぶせてシールで押さえます。開封済みかそうでないかが一目瞭然で肩ラベルのように商品のアピールポイントや商品ロゴを印刷することができます。

 

首掛けラベルは瓶の首の細い部分に引っかけて使います。肩ラベル同様に、商品アピールをして商品全体を引き締める役割をしたり、レシピの提案、プレゼントの応募等幅広い使い方ができます。

肩ラベル・封印ラベル・首掛けラベル

ラベル使用例

ラベル使用例1
ラベル使用例2
ラベル使用例3

▼お酒/食品ラベルの実例紹介はこちら

▼お酒/食品ラベルのお見積もりはこちら


ロールシールの作成手順

弊社は社内でロールシールを製作できる環境を整えております。何千・何万枚という大量の発注でなくとも、500枚程度からロールのシールをつくることができますので、スポット商品・サンプル商品・イベント商品などを作成したい場合に是非ご利用ください。

シールの種類は、ミラコート・アートシールといった定番のものから、水に強いフィルムタイプ、和紙柄の入ったものなどをご用意しております。

ロールシール作成の手順

ロールシール作成の手順のご紹介です。

ロールの原紙

ロールの原紙になります。シール裏の台紙(セパ)は「黄色」と「青色」があります。

ロールシールのプリンタ

ロールシールをプリンタの挿入口に合わせてセットし、印刷します。


ロールシールをプリンタ

プリント用データはイラストレーターで作成できます。

自動的にシールを巻き取るプリンタ

データがプリンタに送られると、自動的にシールを巻き取りながら、印刷していきます。

ロールシールをカットするカッティングマシン

次はカッティングマシンでロールシールをカットしていきます。


仕上がったロールシールをカッティングマシンにセットします。

カット機専用のソフトで位置やカット圧を調整後、自動的に不要な部分をはがしながら巻いていきます。

ラベルサイズに合わせた紙管に巻きつけて、完成です。


▼お酒/食品ラベルの実例紹介はこちら

▼お酒/食品ラベルのお見積もりはこちら


酒類表示方法について

酒税の保全及び酒類業組合等に関する法律(略称 酒類業組合法)にて、ラベルに記載する表示事項が

決められています。楷書またはゴシック体で明瞭に表示しなければなりません。

①原料名

②製造時期

③保存又は飲用上の注意事項

④原産国名(輸入品の場合に記載)

⑤外国産清酒を使用したものの表示

⑥製造者の氏名又は名称

⑦製造上の所在地(記号で表示してもよいことになっています)

⑧容器の容量

⑨日本酒(「清酒」と表示してもよいことになっています)

⑩アルコール分

⑪発泡性を有するものはその旨も表示

酒類表示の例

【参考】国税局ホームページ https://www.nta.go.jp/tokyo/shiraberu/sake/abc/abc.htm

▼お酒/食品ラベルの実例紹介はこちら

▼お酒/食品ラベルのお見積もりはこちら