織りネームの作成


お客様のオリジナルブランドの織りネーム(ネームタグ)の製作をいたします。「まだ少量しか作っていないけど、かっこいいネームを取り付けたい」「海外の洋服を輸入販売するためにラベルを日本用に付け替えたい」など、お客様のご要望にお応えいたします。デザインのデータやイメージをお持ちでなくても、商品やブランドのコンセプトをお伝えいただければ弊社からデザインのご提案をいたします。テープ、糸のカラーも多彩にご用意しております。ぜひご相談ください。

プリントネーム/織ネーム

▼織りネームの実例紹介はこちら

▼お見積もりはこちら


織りネームとは

織りネームは様々な色の糸を1本1本織り込んで作ります。織り方の違いで仕上がりも違うため同じ商品でも出来上がりの表示が変わってきます。印刷されたものと違い、とても高級感のある仕上がりになります。

織ネーム

プリントネームとの違い

プリントネームは生地にロゴデザインなどを印刷したネームタグです。高価な版を作る必要がなく多色印刷できるため、小ロットを安価で作成できます。イラストや写真、グラデーションなどの表現が自在に実現できることも魅力です。

織りネームの素材はポリエステルのみです

織り方 特徴
朱子織り サテンのような光沢のある素材。 摩擦に弱いですが、肌触りがソフトな風合いで、 高級感のある仕上がりとなります。
平織り 光沢がなくマットな素材。 摩擦に強く丈夫で素朴な風合い。 レトロでクラシックなイメージに仕上がります。

織りネームの製作実例

織りネームの製作実例の一部をご紹介します。画像をクリックするとそれぞれの実例の詳細をご覧いただけます。

黒ベースに白糸のロゴマークで織った朱子織の織りネーム

ベージュをベースにした平織りの織りネーム

朱子ポリエステルの素材で黒生地にシルバー糸で刺繍した織りネーム


濃い紺をベースに糸を織り込んだ艶と高級感のある織りネーム

白ベースに黒糸の刺繍の織ネーム

黒い生地に白の刺繍がモダンかつシンプルな織りネーム


白色の生地に赤い刺繍が力強く映える織ネーム

白ベースの生地に黒の刺繍の織ネーム

黒の生地に白の刺繍(朱子織)をあしらったシックな織りネーム


織りネームの納期

織りネームの納期は約2週間です。

織りネームの価格

織りネームの価格表(税抜)

数量 価格(税抜)
1~4999枚 25円 × 枚数 + 9,000円(小口料金) ※5,000枚未満は小口料9,000円がかかります
5000枚~ 25円 × 枚数
初回型代 18,000円

予備として10枚程度含みます。

データ作成料(税抜)

データ支給方法 価格(税抜)

Adobe Illustrator または 高解像度のデータ支給の場合

※1

0円

印刷に適さないデータやデザイン提案の場合

※2

3,000円~

※1 高解像度の画像データなど、印刷するにあたって問題のないデータには料金がかかりません。

※2 解像度が低いデータ、ラフスケッチなどのデータにかかります。細かいデザインの場合、より高くなる場合があります。トレース料金を含みます。

納期

 通常納期 約2週間

送料・手数料(税抜)

  価格(税抜)
送料(全国一律) 800円 (沖縄・北海道・離島への発送は別途料金がかかります)
代引手数料 0円

決済方法は代金引換のみとなります。

織りネーム価格の計算例(税抜)

100枚の場合

初回型代18,000円 + @25×100枚=2,500円 + 小口料9,000円 + 送料800円 + 消費税

2,000枚の場合 初回型代18,000円 + @25×2,000枚=50,000円 + 小口料9,000円 + 送料800円 + 消費税
5,000枚の場合 初回型代18,000円 + @25×5,000枚=75,000円                         + 送料800円 + 消費税

お見積りの総額は、枚数に応じた価格+初回型代+送料 となります。

前回と同じデザインデータでご注文いただく場合は、初回型代は不要となります。

入稿時のポイント

  • Adobe Illustratorデータの場合、必ずフォントをアウトラインしてください。
  • ExcelやWordデータの場合、使用フォント名を記載してください。
  • 手描きスケッチの場合、フォントはご提案いただくか、もしくはトレースいたします。
  • 画像データの場合はトレースいたします。

▼織りネームの実例紹介はこちら

▼織りネームのお見積もりはこちら


織りネームの折り曲げ加工方法

織りネームにはいろいろな折り曲げ方があり、使用法もさまざまです。代表的な折りかたをご紹介します。

ストレートカット

一般的によく利用される加工で、上下または左右をカットします。きりっぱなしになるので、端がほつれてくることがあります。

ストレートカット

エンドホールド

両端を折って仕上げる一般的な加工です。Tシャツやトートバッグ、帽子など、取り付けるものをあまり選びません。

エンドホールド

センターホールド

真ん中で二つ折りにして仕上げる加工です。切り口を商品に挟んで縫い付けます。

センターホールド

ブックエンドホールド

センターホールドと同じ二つ折りにした後、両端をさらに折り曲げる加工です。切り口が隠れるため、よりキレイな仕上がりとなります。

ブックエンドホールド

マンハッタンホールド

切り口が隠れるように、三つ折にして仕上げる加工です。切り口が隠れて見えないので、既成品の後付け加工に適しています。

マンハッタンホールド

▼織りネームの実例紹介はこちら

▼お見積もりはこちら


下げ札+ネーム+品質表示 セットがお得!