プリントネーム/織ネームの印刷


オリジナルブランドをお持ちのお客様のための、アパレル用品製作のお手伝いをいたします。「まだ少量しか作っていないけど、かっこいいネームを取り付けたい」、「海外の洋服を輸入販売するためにラベルを日本用に付け替えたい」など、お客様の要望に応えられるよう、オリジナルのプリントネーム/織ネームの製作をいたします。自分でデザインできなくても、商品やブランドのイメージをお伝えいただければ、弊社でデザインをご提案致します。テープ、糸のカラーも多彩ですので、ぜひご相談ください。

プリントネーム/織ネーム

▼プリントネームの実例紹介はこちら

▼織ネームの実例紹介はこちら


プリントネーム

デジタルプリントネームは、高価な版を作る必要がなく多色印刷できるため、小ロット・安価で作成できます。イラストや写真やグラデーションなどの表現も自在です。

プリントネーム

■主な素材

素材 特徴
サテン
(ポリエステル)
プリントネームに使われる一般的な素材。 表面がつるっとしていて、光沢があります。 色の乗りが一番きれいです。
綿(コットン) 肌触りがよくナチュラルな素材。 優しいイメージに仕上がりますが、洗濯すると多少縮みます。
綿混
(綿とポリエステル)
綿だけの素材に比べ、熱や縮みに強く、強度があります。 素材感は綿にくらべてやや劣ります。

▼プリントネームの実例紹介はこちら

▼プリントネームのお見積もりはこちら


織ネーム

織ネームは、様々な色の糸を1本1本織り込んで作ります。織り方の違いで仕上がりも違うため同じ商品でも出来上がりの表示が変わってきます。印刷されたものと違い、とても高級感のある仕上がりになります。

織ネーム

■素材はポリエステルのみです

織り方 特徴
朱子織り サテンのような光沢のある素材。 摩擦に弱いですが、肌触りがソフトな風合いで、 高級感のある仕上がりとなります。
平織り 光沢がなくマットな素材。 摩擦に強く丈夫で素朴な風合い。 レトロでクラシックなイメージに仕上がります。

▼織ネームの実例紹介はこちら

▼織ネームのお見積もりはこちら


プリントネーム/織りネームの主な折り曲げ加工

プリントネーム/織りネームのタグにはいろいろな折り曲げ方があり、使用法もさまざまです。代表的な折りかたをご紹介します。

ストレートカット

一般的によく利用される加工で、上下または左右をカットします。きりっぱなしになるので、端がほつれてくることがあります。

ストレートカット

エンドホールド

両端を折って仕上げる一般的な加工です。Tシャツやトートバッグ、帽子など、取り付けるものをあまり選びません。

エンドホールド

センターホールド

真ん中で二つ折りにして仕上げる加工です。切り口を商品に挟んで縫い付けます。

センターホールド

ブックエンドホールド

センターホールドと同じ二つ折りにした後、両端をさらに折り曲げる加工です。切り口が隠れるため、よりキレイな仕上がりとなります。

ブックエンドホールド

マンハッタンホールド

切り口が隠れるように、三つ折にして仕上げる加工です。切り口が隠れて見えないので、既成品の後付け加工に適しています。

マンハッタンホールド

▼プリントネームの実例紹介はこちら

▼織ネームの実例紹介はこちら


下げ札+ネーム+品質表示 セットがお得!